上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 今日、うどんスキーの聖地を見付けました。何故今まで見逃していたのか、青い鳥気分。
 安くて美味い、ボリュームもある。文句を付けようと思えばいくつか気になる点はあったけど、値段を考えれば……!

 大戦ですが。
 今日はかなりやって、二品に上がったものの、すぐに三品に落ちました。大流星に負けて降格は悔しい。
 他にも屍英魂に負け越したのは個人的にショックですね。苦手な訳ではないんだけど、刺さりすぎた。
 一応勝率は五割でしたがいろいろ悔しい結果でした。
 あと、リクソンの再起に不満が出て来たのでロシュク育てることにします。

 今日はひデブMGの対策とか。
 最近更新頻度が落ちてる気がするんですが、なんだかんだで忙しいんですよね。一応受験生ですし。
スポンサーサイト
2009.11.29 Sun l キャラ対策 l COM(0) TB(0) l top ▲
 今日初めて一人カラオケなるものをやってみました。
 値段の割に長い時間潰せるし歌うの好きなんで、なかなかいい娯楽だと思いました。
 問題は、一人だとずっと歌い通しだからかなり疲れることですねw
 ICレコーダで録音してたんですが、所々声が酷い。疲れてて表現もクソもない歌になってるのもチラホラ。
 関係ありませんが、僕の声は独唱向けじゃないなぁ。のっぺりしてる。

 大戦ですが、二品になってからデッキ変えて遊びまくってた所、武勇が下がり過ぎて、こりゃヤバイと思って六枚天啓に戻したんですが、扱い忘れちまってて負けまくって三品に降格しました。
 だいぶ扱いを思い出してきて今勝率五割ですが、降格は痛いなぁ……。
 つーかね。最初あの六枚天啓を号令デッキとして扱おうとしてたんです僕。
 あれは麻痺矢、弱体弓で足並み崩してグダらせて、消耗戦続けられなくなったら天啓で無理矢理殲滅して、引き継いでグダらせるデッキなんですよね。
 味方部隊の回復待って万全で攻めても、そりゃあ勝てませんよ。総武力低いから天啓先撃ちさせられるし。勝てるかんなもん。
 賢母天啓とかただのサブエンジン、もしくはあと一発欲しいときのゴリ押し技ってこと忘れたら勝てねーです。
 これからは自分でよく戒めねば……。

 さて、今日はひデブのキャラ対策SG。
 書いたはいいけどめんどくさくて三日位放置してました。実はMGの記事も上がってます。
2009.11.23 Mon l キャラ対策 l COM(2) TB(0) l top ▲
 視力がメガネ有りで0.4と凄いことになってたんでメガネ変えたんですが、これがどーも慣れない。
 度が上がっただけじゃなくレンズの形が球面→非球面になったせいで端の見え方が変わってたり、フレームがゴツくて視界に強烈にフレームが入ってたり。お陰で目がすごく疲れてます。
 ちなみにフレームは非常にゴツいというか骨太で、なんか怖い。今なら中学生に舐められなくて済むかもしれないです。

 さて、今日はひデブキャラ対策。対コンパスです。
 コンパスとヒンバスって似てますよね。コンパス の まえかく(はねる的な意味で)!
2009.11.16 Mon l キャラ対策 l COM(2) TB(0) l top ▲
 大戦してきました。
 デッキは六枚飛天落日春眠。
 (ウホ、乱れ、春眠、飛天、落日、城内連環)
 攻城パーツが豊富で端攻めを無視出来ないようにしてから飛天で翻弄する、というコンセプト。どうも僕のミスが酷くコンセプト通りに立ち回れませんでしたが。
 五戦して二勝三敗。負け越しですが、一応二品に昇格。
 卑弥呼入りほぼ馬単求心、徐盛入り屍とかなり相性のいい相手にしか勝ってませんね。
 四枚破滅陷陣営気炎撃、雄飛孫武あたりは勝ちたかった。連合攻勢は流石に投げさせて下さいw

 前々から考えてたデッキなんですが、この間やっと春眠をトレードで手に入れたので試して見たんですよね。
 しかし……これ連環の方が使い易くね?
 高知力にも長持ち、浄化不能、範囲が広い、士気が軽いと強い部分は沢山あるんですが、どうしても接触解除のせいで守りに使いにくいというか……。
 いや相手が接触しながら攻めなきゃなんないんで端攻めしやすいと思えばなんてことはない筈。連環と違い密集を強いることが出来るんだから。
 要するに僕が守りに回り過ぎた、というか部隊死なせ過ぎて攻めが途切れたのが最大の問題でした。
 連環なら、蜀との混色になるからチョロ松が入れられるのが大きいんですけどねー。


 速度と攻城力と春眠で相手を縛りながら翻弄するのはすごく楽しいので、しばらく使ってみるつもりでいます。
 多少六枚賢母天啓にも飽きて来たので、六枚蛮勇剛弓とか蚩尤地勢とかもまた使うかも。
2009.11.12 Thu l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
 大戦してきたにがうりです。
 カードもついに三枚目になりました。このカードが終わる迄に大尉になりたいなぁ……。
 流石に無理でしょうがw

 今日も六枚賢母天啓。四連勝一敗。
 呂布バラに負けました。昇格戦だったんだけどなぁ。
 逆に四枚手腕入り断金が昇格戦だったのを潰しました。呉の為になってねぇw

 呂布怖いです。やっぱアリエナイしか火計がないとキツイですね。
 開幕丁寧にワラワラ落として呂布に伏兵当てれたんでカウンターにいったものの、予想外に相手が再起で、アリエナイが落ちてたので撤退。
 相手はそのまま攻めて来たので防衛するもアリエナイが戦場に戻る前に無双。再起したもののゴリ壁一発。
 というか再起選んでるのに開幕取れなかった時点で呂布相手は負けなんですがね。アリエナイを開幕で死なせてしまって、相手が再起だったのが敗因ですか。
 せめて知略選んでれば……。
 賢母アリエナイならかなり焼けるんですが、賢母と無双改の士気が同じなんでかなり圧迫されますね。素武力低いんで賢母だけで攻略するのはかなり難しい。
 次はアリエナイをもっと大切にします。
2009.11.08 Sun l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
 倒錯した性の性質を考えてみるその2。

 なんだか同性愛には、以前推測してた『自分へのマイナス感情から来るいろんな感情』みたいなのが見えて来ません。
 なんか明るいんですよね、同性愛。まず好きって感情があって、そこからいろんな所に派生していく感じ。根底に愛情があるように見えるんです。
 女装とか男装が後ろ向きなのに対して同性愛は前向きというか。
 うん、なんかうまく言えませんね。ええい日本語もどかしいw

 だから、前回の勝手な憶測は外れていたんじゃないかなぁと。
 まあフィクションを参考にしてる訳だから現実に当て嵌めていいものとは思いませんけど。

 女装・男装の感情はなんとなく体験を持って理解出来る感じがあるんですよ。男になりたくないって気持ちは僕も激しくあったし、友人に女になりたくなくて苦労してた人もいましたから。
 でも同性愛はちょっと、周囲にそういう人が居なくてよくわかりませんねぇ……。
 そもそも、同性愛ってどんな定義なんですかね?
 同性に対する愛情、って定義だとあまりに広くなりすぎる。というか日常世界が薔薇と百合で埋め尽くされてしまう。
 じゃあ同性に対する性的欲望のことなのか……?と考えると、これはこれでイマイチしっくり来ないというか、要するに生物学的に異常があるだけってなっちゃって、なんか嫌ですし。人と人のことを生物学なんかで測られてたまるかってんですよ。
 国語辞典(新明解)を調べると、『その人と同性の人が関心の対象となる性愛』と書いてありました。性愛だそうです。性的な愛情だそうです。ひっでー。

 こうなると、『そもそも愛って何よ?』っていう問いを先に解決しなきゃならないかもしれませんね。
 同性愛と異性間の愛の違いは相手が同性か異性かの違いだとするなら、同性愛者とそうでない人の違いは同性に性的な愛情を抱けるかどうか、ってことになりかねませんからね。
 そうなると新明解の言うことも納得せざるを得ないし、普通の異性間の愛も性的な愛情だってことになりますから、僕は異を唱えたいのですが。

 ……というか、よく考えると新明解、性的な愛情があるのが同性愛と言ってるだけですね。別に性的でない愛情がないとは言ってない訳で……。
 それは異性間の愛も同様で、性的な愛情があるのが必須条件で、他に性的でない愛情があってもいいって感じになりますか。確かに性的な愛情がなければ異性間の愛と同性や友人への愛情を区別する必要もない訳で……。

 うーんイマイチ難しい。
 とりあえずこの思索で判ったのは愛と恋は全く違うものってことくらいですか。そんな話題触れてないんだけど、関連事項としてなんかピピッと判ってしまった。
 愛について考えるより恋について考えた方が身の丈に会ってる気がするなぁ……。
 同性愛は身分けが出来ない以上、理解出来ないまま理解しようと努力し続けるしかないですね。
2009.11.07 Sat l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
 火曜日、大戦やってきました。ずいぶん遅れましたが。
 いつもの六枚賢母天啓。
 七連勝して三品に昇格しました。その後三連敗したけど。
 なんか勢いに乗ると強いみたいですね僕。乗れないとミス連発するみたい。

 今日は対応援とかやってみようかと。
2009.11.06 Fri l キャラ対策 l COM(0) TB(0) l top ▲
 最近友人達が性の倒錯した漫画(百合とか女装とか……流石に薔薇はないですが)をよく買うので、借りて読む機会が多いんですが……。
 やっぱ苦手だなぁこーゆーのー。
 なんてーの、気持ち悪い訳じゃないんだけど、こう、キモチワルイ?
 よくわからんのですが、なんか苦手。


 その一環で『指先ミルクティー』という、ちょっと有名な漫画も読みました。
 非常にナマナマしくてよろしいですね。
 さっき女装とかも苦手と書いておきながらアレですが、この漫画は所謂よくある女装とは違う感じで生理的拒否反応が出ません。
 彼の女装は、『女になりたい』じゃなくて、『男になりたくない』『汚い現実を見たくない』といった感情を感じるんですよね。自己愛っぽいけどユキは彼の『理想の具現』で、汚い自分が嫌だといった感情の具現だろうし自己愛とは大分違うかなぁ。
 『女装』とか『自己愛』って言うと、どうしてもその言葉の穢らわしさから深く踏み込むのを躊躇ってしまって、表面的な部分しか見れなくなってしまうけど、一歩踏み込んで見れば『女装』 『自己愛』の根底には、こういう感情があるんじゃないかなぁ。

 で、ここからは全くの推測でしかないんですが、多分他のアブノーマルな性の性質(冒頭の例なら薔薇とか百合とか)にも同じような感情が流れてるような気がするんですよね。
 そーゆーのに踏み込んで考えて見るのは面白そうではあるんだけど、どーしてもキモチワルさが……w
 特に百合ですけど、なんか『ただ女の子同士がじゃれてるだけ』みたいなのも少なくないと思うんですよ。全然深いところに踏み込まないで、表面だけさらってるみたいなの。
 そういう有象無象の中から深く踏み込んだ作品を探して読む労力と気力がどーもねw

 とりあえず、友人が最近好んで買ってる志村なんたらの漫画を読んでみることにします。あれ一巻読むだけでも耐え難いキモチワルさなんだけどね……w
2009.11.05 Thu l 雑記 l COM(2) TB(0) l top ▲
 友人の父親の通夜に行ってきました。
 いろいろごちゃまぜですねやっぱり。
 考えた事を書くと凄まじい分量になるか気違いじみるのでやめときます。
2009.11.02 Mon l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。