上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 なんか続々と入試の結果がわかり始めて来てますね。
 とりあえずうちの学年はかなり調子が悪いということはわかった。

 大戦ですが、機略を10回くらい使ってみました。
機略
金田一
じょこたん/曹仁
リュウヨウ/李通

 なつかしの釘機略。馬三なのでかなりの爆発力を見せます。
 とりあえずやってみて気づいたのは、機略の高い強襲性を見せるには高武力槍が必須だということ。
 機略で一気にライン上げて反計マウントで封殺・・・って狙おうとしても、槍以外は刺さるんで敵に近づけないんですよね。
 崩射は一度止まらないといけないから趣旨には合わんし。
 あの強襲がやりたかっただけなので、正直そんなに楽しくなかったです。
 しかし高武力槍を中心にした編成は苦手だし・・・。
 機略はやめときますかねw

 魏武大水計は、推挙無双には結構勝てるようになってきました。7割くらい。
 快進撃はまだ負け越しかなぁ。
 極めたら雲散は必要なくなる構成だと思うので、まだまだリュウヨウで行くつもりです。
 しかし快進撃、あの乱戦性能の高さはなんとかならんもんだろうかw呉の馬かよお前w

 飛天はお休み気味。
 なんとなく気が乗らないんですよねー。

 天啓ワラは、やっぱり一番勝率がいい。
 でも今は魏武大水計が楽しすぎるので使用頻度は低め。

 そろそろ四枚目ICが切れるんでマジメに大尉昇格戦挑もうかとおもいます。
2010.03.10 Wed l 雑記 l COM(2) TB(0) l top ▲
 受験ですが、第一志望に合格しましたー。
 正直呆気なさ過ぎる感が漂ってますが、まあ元々かなり余裕があったのでこんなもんかという感じも。
 新しい住居は決まっているので、しばらくは楽出来ますねー。

 合格発表をごっふぁと見てから、別れて学校へ行きました。
 進路指導室に行って受かったお(^ω^)って言ったら知ってるお(^ω^)って返されました。
 (∵)
 進路で他の同級生の情報を色々仕入れて来たので、知りたい人は僕に連絡を。
 ただし現時点での合格発表情報なので、東大京大とかはまだっす。
 あと私立は面倒だったからメモ取ってない。おぼろげな記憶でよければ答えます。

 さて、合格が決まって来年度から大学生になることが確定した訳ですが……ついに僕は高校生じゃなくなってしまうんですね。
 卒業した実感が今頃ね。
 高校生は卒業してしまっても、いつまでも少年であり続けたいです。



 関係ありませんが、最近IRC、メッセ、スカイプに入ってないのは回線が非常に不安定だからです。
 半年以上前、植木屋さんが枝と間違って光ケーブルをぶった切った事件がありまして。
 回線入れ直すとなると長時間回線が使用不能になり、家業に関わる……ということで業者呼んで、回線を応急処置的に治してもらいました。
 切れたケーブルとケーブルをルーターのようなもので繋ぎ直すという、素人目にもヤバイ仕事だったのですが。
 まあしばらくは使えたんです。回線の安定性は落ちましたが。
 今ではすっかりガタが来て、満足にスカイプすら動かない始末。速度は十分ですが安定しなさ過ぎ。
 どういうことなの……。

 ということでIRCとかに入れずにいます。すみません。
2010.03.08 Mon l 雑記 l COM(2) TB(0) l top ▲
 さーてそろそろ鬼対策記事を載せますか。
 実は記事自体は2月中旬には出来てたんですが、他に書くことあったり記事の存在を忘れてたり、ズルズルと今まで延びてしまいました。
 ま、いつやったっていいんですけどね。

 いつものように追記から。

・対鬼
 覚醒偏重貫通援護キャラ。
 最大の特徴は覚醒の異様な強力さで、効果時間二倍、通常より厚いアーマー(タッグですらアーマーが付く)、技モーションの大幅変更と、他キャラの覚醒など軽く捻り潰してしまう。
 代わりに通常時の性能は貧弱で、まともな性能なのは貫通レーザーのFCSくらい。
 本体性能も悪い。機動性が悪く、自衛力もないため非常に脆い。かなりの速さを誇る前格CSCを連射でき、機動力はあるが、他の移動手段が遅すぎる為読まれやすい。
 総じて、覚醒をどう使うか、凌ぐか、という勝負になりやすい。

 対策は、まず鬼を片追いするか放置するか、事前に相方と相談すること。野良でもなるだけ相談しておきたい。

 片追いを狙う目的は、鬼の低すぎる自衛力を突いた鬼4落ち作戦。
 鬼は自衛力が本当に貧弱なので、覚醒が溜まるまでは容易に落とせる。
 敵相方のオヤシロが溜まらない、鬼がタッグだと溜まらないという利点も当然ある。
 ただし、敵相方の闇討ち、護衛能力が高い場合や、鬼がカケラを選んでいた場合苦戦を強いられる。

 鬼を放置する狙いは、鬼のオヤシロ・カケラを溜めないこと。
 鬼の攻撃手段はFCS以外貧弱で、FCSでは手数が足りな過ぎるため、放置に非常に弱い。前格CSC連打で距離は埋められるが、近づいても出来ることがない。
 空手の性質にはこちらの戦法の方が合う。DPSの高さ、敵オヤシロの溜めやすさなど。
 ただし敵相方の自衛力が高い場合、鬼のFCS精度がよくタッグを選択している場合、苦戦を強いられる。
 とはいえ、タッグ選択の鬼は「失敗すると酷い」ため少ない。余程腕に自信があるか、相方が気のおけない相手の時くらいだろう。

 Wタイマンという状況も考えられるが、その時は敵相方を押さえ鬼を狩ればいい。が、そもそも相手が分散するかどうか。
 また牽制能力が低すぎるため、射撃戦が展開することはないだろう。

 覚醒の凌ぎ方だが、まず前提として『絶対に勝てない』ことは理解しておく。アーマーが異様に硬く火力も高い。
 一目散に逃げるのがいいが、鬼の機動力は覚醒中でも前格CSCに依存するところが大きく(速く、高い牽制効果を持ち、弾が多い)、段差を利用すると簡単に逃げられる。
 ジャンプ狩り、接射、着地取り性能も悪いので、段差はなくとも空中に逃げれば時間は稼げる。
 ただし段差や空中逃げに対しては覚醒FCSが対策になり得る。FCSを狙っている場合、通常覚醒中の鬼なら乱射してくるだろうCSを撃たなくなるためわかりやすい。
 タッグの場合FCSの性能変更がなく着地取り性能は高いが、威力は別段上がらない。そもそも鬼のタッグは火力不足感が漂うので、一発くらいなら貰う覚悟で逃げるのがいいだろう。

 これで対鬼は終了。
 はっきり言って弱キャラ。覚醒が強いと言っても他の性能が低すぎ、さらにその覚醒すら空中に対しては無力。
 覚醒中になぜ空格だけは性能が上がらないのか不憫でなりません……。
 相性ですが、片追い時の爆発力に強みがある空手からすれば有利な相手でもあり、辛いと感じることはない筈です。

 相性と言えば前書いた神ですが、相性はかなり不利。
 罠や鎌等にくらべると楽な部類ではありますが、二丁レベルには辛い相手だと思います。
 使い手が少ないのが救いですね。


 これで空手のキャラ対策は終わりです。
 攻略してないキャラまだいるじゃん?と思われるかも知れませんが、まだ書いてないキャラは『僕自身対策がまだ固まってないキャラ』だと思ってもらえれば。
 僕は割と昔からひデブをやってるプレイヤーではありますが、対戦頻度はあまり高くなく、マイナーキャラとの対戦経験はそう多くないんですよ。
 いつも机上論で考えて、それを実践して対策を練っていたので、マイナーキャラは後回しになりやすいし、使い手も少ないから対戦数自体が少ないしで、対策出来てないんです。恥ずかしながら。
 鬼とかは、使い込んだ経験があるから書ける訳で……。

 なんかすっきりしませんが、一応これで終わりということでw
 今頃ひデブ攻略やっても需要がないとは思いますけど、自己満足くらいはしとかないとねw
2010.03.05 Fri l キャラ対策 l COM(2) TB(0) l top ▲
 とりあえず近況。

 脚がやばいことになってきました。
 最近筋力落ちてるなーとは思ってたんですが……ちょっと太腿とかふくらはぎとか触ってみたら……

 むにむに

 やわっけえwwwwwなんだこれ触ってて気持ちいいぞwwwwww
 ちょっと本気でリハビリします……。痛いからって流石に使わなさすぎた。暫くは杖使わないことにします……。

 話は変わって、なんかここ半年喉が調子悪いなーと思ってたんですけどね。
 まあこんなものなのかもなーと思ってきた訳ですが……。
 なんか声変わりしてる……?
 ちょっと機会があって昔の自分の声を聞いてみたら随分違う。
 あれー?と思っていろんなデータを引っ張ってきて聞き比べてみたら、やっぱり違う。
 ここんとこずっと発声で音程が上手く取れなくて困ってたんですが、まさか……?
 にがうりの第二次性徴はまだ始まったばかりだ!
 ひょっとして脚も成長痛じゃあるまいな。

 大戦ですが、最近はあまりモチベーションが上がりません。
 とりあえず六枚魏呉飛天、天啓ワラ、魏武大水計を使ってますが、まあ勝率は程々ですかね。
 ただ正直あまり熱くなれないというか……妙に保守的なデッキと当たることが多い。
 戦略的に受けに回ることを前提にしたデッキが多過ぎるんですよね。流行りなのかな……。
 大水計ワラみたいなのが流行った時代は楽しかったなぁとか思ってしまいます。あの攻め殺すか攻め殺されるかの感覚というか。あーゆーのが欲しい。
 ワラ弱体化はやっぱいかんぜよ。

 前期も終わったのでオルタネイティブスフィアやってます。
 なにこれちょおおもしろい。
 流行れ。
2010.03.03 Wed l 雑記 l COM(1) TB(0) l top ▲
 卒業式が終わりました。
 なんかもーまだ卒業した実感湧きませんよね。
 あんな儀式で切り換えられるほど附設の六年は軽くない。

 卒業式だったかなんだかで、どっかの誰かが「附設は君達にとってはある意味通過点で大学やその後が目標だー」みたいな感じのことを言ってました。これは入学当初から言われてた言葉です。
 んなわけねーすよ。
 小学生の頃、附設を目指したのにはいろんな理由がありましたが、何よりも「小学生の時の同級生と同じ中学に行きたくない」「実家に居たくない」という気持ちが強かった。
 小学生時代はまあ、いろいろあって、考え方も行動も中々に黒歴史でしたからね。
 なので、附設の環境は僕の目指していたものでした。大学行くための通過点ではなく。

 最近cross†channelという古いゲームをクリアしたんですが、卒業前にやるものじゃないですねこれ。こみあげる。
 附設って群青みたいな場所だった気がする。
2010.03.03 Wed l 雑記 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。